縮緬遊戯堂 > F-ZERO 攻略 > CLIMAX > コース攻略(エキスパート)シルバーカップ


《コース攻略(エキスパート)・シルバーカップ》


1.サンドオーシャン ハイスピードエッジII

<MAP>

<コメント>
 ・急なコーナーは少ないため、1位でゴールするにはほぼ常時ブーストを使っていく事になる。それに対してピットエリアが少ないため、余分なダメージは絶対に避けたいところ。敵マシンとの接触が避けられない場合は、多少のロスは覚悟で攻撃アクションを出す事も考えたい。
 ・スキットゾーンがIより増えており、踏まずに抜けるのはほぼ不可能。ダートに流される物、逆方向に進まされる物はなるべく避けて突っ切りたい。踏んでしまった場合はブーストを使用してなるべく早く抜けるようにしたいところ。
 ・スーパーブースターは2ヶ所目のピットエリアを抜けた後に使うのが良い。


2.ライトニング トラストジャンプ

<MAP>

<コメント>
 ・シンプルなレイアウトの高速サーキット。2ヶ所の大ジャンプポイントが用意されている。ジャンプの前にはルート分岐もあり、マシン性能にあったルートを選んで速度を維持して走りたいところ。
 ・ジャンプ中は減速してしまうためブーストを使用しながらジャンプしたいが、1周目ではそれも不可能。重量級でジャンプ中に減速しやすいマシンでは飛距離がギリギリになりがちなので、該当するマシンは左側のダッシュプレートが多く設置されたルートを通り、少しでもジャンプ前に速度を稼ぐと良い。余裕のあるマシンは距離の短い右ルートの方が有利。
 ・ジャンプで対空している間はどんどん減速してしまうため、穴の地点を越えたらなるべく早く着地してしまうと良い。十字キー↑で素早く着地できる。ただ、着地の瞬間は十字キー↓に入れ直し、着地の衝撃のダメージは回避したい。


3.ミストフロー ミストリング

<MAP>

<コメント>
 ・軽く2分以上掛かり、全長がかなり長いサーキット。急なコーナーは無いものの見通しが悪いため、集中力を切らさずに走る事を心掛けたい。タイムアタックで好記録を出すにはダッシュプレートを漏らさず踏んで行く事が必要になる。一方、グランプリではそこまで神経質にならなくてもCOMには十分に勝てるが、全長が長く直線部分が多いため、まずは壁にぶつからずに走る事が重要。ブーストもガンガン使うため、2ヶ所あるピットエリアではしっかりエネルギーを回復したい。
 ・コース中盤はジャンプが3回続く。ショートカットはできないので道なりに走りコースアウトしない事だけ集中しておけばOK。
 ・2ヶ所目のピットエリアの後は長く緩やかな右コーナーが続く。途中のジャンプは若干右寄りに内側に進む感じで飛び出すとラインが安定しやすい。


(以下、ちびちび執筆中)


縮緬遊戯堂 > F-ZERO 攻略 > CLIMAX > コース攻略(エキスパート)シルバーカップ