縮緬遊戯堂 > ウェーブレース攻略 > ウェーブレース64 > コース攻略:ノーマル
縮緬遊戯堂 ウェーブレース攻略
ウエーブレース64
《コース攻略:ノーマル》


1.サンディビーチ

★マップ



★コメント
 ・2つのロングストレートと2つのコーナーで構成されたシンプルなオーバルコース。直線区間が多いので、ブイとブイの間はなるべく直線的なラインで結び、減速を最小限に抑えて最高速を維持して走りたい。
 ・最終コーナーの外側からは内側・ゴール地点方向に向けて波が打ち付ける。若干流されるので、その点を頭に入れつつ旋回しよう。コーナーを抜けた後は波に乗りつつそのままゴール地点へ。

2.サンセットベイ

★マップ


★コメント
 ・最初のコーナーの後にはジャンプ台がある。距離的には直進してジャンプ台経由で走ると短いのだが、ジャンプに伴う減速でのタイムロスが大きい。このため、大きく右に逸れてジャンプ台を避けるルートを取った方が結果的には1秒ほど速くなる。ただし、その後のライン取りが若干シビアになるデメリットも。タイムアタックでない場合はムリに速さを求めず、直進でジャンプ経由でも全然問題は無い。
 ・ジャンプ台の直後には固定で必ず3連続の波が来る。スティックを前に倒して重心を前寄りにするとマシンが跳ねにくい。マシンが跳ねてしまった場合はBボタンを押して重心を下げよう。
 ・ヘアピンカーブ部分はコーナーが急な事に加えて外側から波が打ち寄せるため、バランスを崩しやすい。コーナリング性能の悪いデーブの場合は若干アウト寄りから侵入するとスムーズに抜けやすい。
 ・3周目はこのヘアピンでそのまま外側に抜けてコース外に出、そのまま直進する事で大きくタイムを縮める事ができる(2秒ほどは稼げる)。ただし、3つのブイをスルーしてしまうため、ここまでのミス回数が2回以上の場合はゴールする前にリタイア扱いになってしまう。ミス回数が0〜1回の時のみ使用するべし。


3.ミルキーレイク

★マップ

★コメント
 ・スタート直後からファイナルラップに入る手前あたりまでは濃霧に覆われており、見通しが悪い。ちょっと面食らうのだが、ルートを示すブイに関しては画面には強調されて表示されるので、実際のところはそれほど問題は無い筈。コースを覚えて多少慣れると、次第に晴れていく風景の移り変わりも楽しめる。波が小さいので水面に映る風景も美しい。たまにはタイムアタック等で風景を楽しんでみるのも一興、カモ!?
 ・最初のコーナーを曲がった直後の分岐ルートは、中央が砂地で走行できないため、どちらかに回って走る必要がある。右側の方が距離が短い。タイムアタックならば距離の短い右側の方が良い。ただし右ルートはターンの回数自体は多く、ルート合流地点辺りのライン取りが若干シビアになる。左側ルートは直線的に走れるため走行しやすい。こちらのルートでは浮草を踏んで減速しやすい。砂地ギリギリの所を走り浮草を踏まないようにしよう。ただ、砂浜に乗り上げて大きく減速するくらいなら多少減速しても浮草に突っ込んだ方がラクには走れる。この辺りは自分がミス無しで安全に走れるラインを見極めて走行するべし。
 ・そこを抜けると次は左右の連続切り返し地帯。慣れないとグネグネと大回りした挙げ句コースアウトしがち。ここのコツは多少早めに旋回を開始しておく事。次のブイの少し手前くらいから曲がり始めると丁度いい塩梅で走行できる。難易度ノーマルのこの地帯はブイとブイの距離が長めなので、慣れてくれば殆ど直線的に走れる。
 ・最後の難関は杭が多数打ち込まれた地帯。杭は当たると問答無用で跳ね返されマシンから叩き落とされてしまう(多少接触するくらいならバランスを崩す程度で済む)。マシンから落ちて水没すると4〜5秒の大幅なタイムロスになってしまうので、まずは多少速度を落としてでも安全に抜ける事を最優先にすると良い。多少アウト側から侵入する事で一直線で抜けられるルートがあるので、そこを抜ける事ができればベスト。順位を落としていてCOMマシンが近くを走っている場合や、多少のロスは承知で安全第一で走りたい場合は大きく右側に膨らんで外回りで抜けるのもいい。


4.マリンフォートレス

★マップ

★コメント
 ・荒天の海が舞台で波が全体的に高め。なかなか速度を出しにくく、ミスからの復帰ももたつきがち。慣れるまでは安全第一で進もう。また、ブイが非常に少ないので、ミスするとなかなかパワーが回復しない。最終のブイからゴールまでの距離が非常に長いので、そこではミスしないよう走行したいところ。
 ・スタート直後、右から左方向に堤が張り出しているが、この堤は前方から来る波をジャンプ台替わりにして飛び越えて直進できる。タイムアタックでは勿論常時狙っていきたいし、難易度がそれほど高くないのでチャンピオンシップでも狙って行こう。水面から離れている時間が長ければ長いほど減速が大きくなるので、ジャンプ距離はギリギリに留めたいが、あまり距離をケチり過ぎて堤に接触するとバランスを崩してマシンから落下の大転倒も起こり得る。チャンピオンシップでは距離に余裕を持って大きく飛んだ方が安全。
 ・後半は緩やかな右カーブが続く。波に当たると減速してしまうが、スティックを気持ち前に傾け、重心を前方に偏らせると減速幅は小さくなる。若干曲がりにくくなるデメリットもあるが、この地点程度のカーブであれば重心を前方に寄せてもデーブでも曲がり切れる。
 ・最終コーナーは視界が悪く外側に膨らみがち。この地点はCOMマシンがかなり強気に攻めて来るため、あまり膨らむと逆転を許してしまいやすい。ぐっと鋭角に曲がって素早くスティックを戻し、最短距離でゴールラインに進みたい。


5.ポートパイレーツ

★マップ

★コメント
 ・高難易度のチャンピオンシップではルート分岐があるのだが、ノーマルの時点では内側ルートが塞がれていて進ず、外側のルートのみ走行できる。外海に面した地点は波があるが、ドック内は波がほぼ無く速度を出しやすい。急なハンドル操作で減速しないよう、滑らかなラインで走行したい。加速・コーナリング性能の悪いデーブでも、この地点では曲がりつつ最高速を維持して走行できる。
 ・ドック出口付近は狭くなっている上に外海から波が押し寄せる。波は船体に当たって跳ね返り、この波のせいで挙動を乱しやすい。ここは事前に少しアウト側に膨らんでおき、アウトインアウトのラインで抜けると良い。コーナー出口で船体にぶつからないよう注意。
 ・最終コーナーの入り口付近にはジャンプ台が並んでいるが、ここでジャンプすると大きくコーナー外側に飛び出してしまうため、タイムロスが極めて大きい。内側にジャンプ台の無い地点があるので、そちらを普通に走った方が数秒速くなる。
 ・最後のストレートはCOMマシンが追い上げてきやすい。競っている状況で余計なハンドル操作をすると逆転を許しやすい。コーナー出口でゴールラインまでのラインを素早く定めたら、あとはハンドル操作ナシでそのまま直進し減速を抑えたい。


6.サザンアイランド

★マップ

★コメント
 ・コース形状はシンプルなのだが、波が全体的に高め。横波に煽られる箇所、波に正面から向かっていく箇所があり、挙動を乱されやすい。
 ・時間経過で潮が引き、砂浜の面積が増すため、2周目以降は少し大回りして走行する必要がある。砂地に乗り上げると大幅に減速してしまう。チャンピオンシップでは少し余裕を持って大回りした方がいいカモ…。
 ・最初のコーナーを回った所には船がある。潮位の高い1周目はそのまま直線的に上を走行していけばOK。2周目以降はそのままでは抜けられないため、ジャンプで抜けるか、左側を走るか、いずれかの手段を取る必要がある。ジャンプは直線的に抜けられるが船のマストに接触した場合、大きく転倒するリスクがある。左側を迂回するルートは大転倒のリスクは少ないが、直後のブイを通過するラインが少々厳しくなるデメリットがある。どちらかと言えば神経を使わずに済むジャンプしないラインの方がおすすめ。
 ・コース後半は桟橋が大きくせり出している。チャンピオンシップなら無理せずに1周目は大きく右側に回り、そのまま避けて走ると良い(COMは1周目はショートカットしないので、ここを普通に走っても十分勝てる)。最速を狙うタイムアタックなら1周目から攻めていきたいところ。ジャンプ台を使ってジャンプした後、サブマリンで潜り続ける事で、1周目からこの地点をショートカットできる。ただ、水中の桟橋の桁にぶつかると跳ね返されて手前に戻されショートカットを失敗してしまう。ジャンプ台からそのまま直線的にジャンプすれば大丈夫ゆえ、ここは何度か走ってコツを掴みたい。2周目以降は潮位が下がるのでジャンプ台でサブマリンせずにそのままショートカットできる。
 ・桟橋を抜けた後は遠浅になっており、2周目以降は砂浜が大きく広がり、1周目のラインを取る事はできない。砂浜に乗り上げない程度にギリギリを走りたいが、タイムアタックでなければそこまで無理せずに、やはり少し余裕を持って大きく回った方が安全。最終ストレートは後方から波が来るので、大きなハンドル操作は避け、巧く乗って最高速を維持して走りたい。


縮緬遊戯堂 > ウェーブレース攻略 > ウェーブレース64 > コース攻略:ノーマル