縮緬遊戯堂 > ファイアーエムブレム攻略 > 風花雪月 > 攻略(銀雪の章)
縮緬遊戯堂
ファイアーエムブレム風花雪月 攻略
《攻略(銀雪の章)》


《夜明けの追討戦》

★勝利条件
 敵将撃破

★敗北条件
 味方の全滅 or 敵将の離脱地点到達

★攻略
 後半最初のマップとなる。出撃準備ができず、いきなり始まるので、最初のターンで輸送隊から適当な武器類や傷薬を補給しておこう。

 最初は味方が主人公とセテスの2名しかいない。あまり育っていない場合は無理せずに森地形で待ち伏せて敵を倒していくと良い。敵の行動範囲はよくチェックし、受け止められる数だけ誘い出すと良い。このマップの敵の大多数は倒すとアイテムを落とすので、できるだけ逃げられないように確実に倒していきたい。

 3ターン目にはドロテア、カスパル、ペトラが増援で加入。更に、マップの中程から右側へ進むとフェルディナント、ベルナデッタ、リンハルトが加わるため、人数が足りなくて困る、といった事は無くなるはず。人数が揃ったら積極的に進軍を開始しよう。

 始めから配置されている敵将のバジャルドは偽物で、倒すと本物が付近に増援で出現し、全ての敵が一斉にマップ左端の離脱地点に向けて動き出す。慌ててバジャルドを倒すと敵が一斉に逃げ出して追いきれなくなるため、すぐにバジャルド(偽物)を倒さず、ある程度ザコを一掃しアイテムを回収してからバジャルドを倒すと良い。

 本物のバジャルドはかなり素早く、大半のユニットが2回攻撃される。また、スキル『すり抜け』を持っているため、道を塞いで進軍を妨害もできない。守備の低いユニットは反撃で2回攻撃を受けるのが痛いので、間接攻撃メインでHPを削り、耐久力のある主人公・セテス・フェルディナントや素早いペトラらの直接攻撃・戦技で一気に仕留めたい。敵将を撃破した時点でクリアとなるため、周囲にアイテムをドロップする敵が残っている場合は、ザコを倒してからバジャルドを撃破したい。もちろん、欲張り過ぎてバジャルドに逃げられゲームオーバーになっては元も子もないので、逃げられそうになった場合は敵将の撃破を最優先で行いたい。


★MAP




戻る


《ガルム=マク籠城戦》

★勝利条件
 敵全滅→敵将撃破

★敗北条件
 味方の全滅 or 防衛拠点陥落

★攻略
 防衛マップ。同盟軍の教団兵をマップ中程の目標地点まで送るとマップ中央が広範囲に渡って火の海となり、敵が離脱を開始する。それまでは敵はガンガン攻めて来るため、敵から拠点を守る必要がある。

 初期配置は左右2箇所に分かれているが、右側の方が数が少ないので、右に配置するユニットはある程度育っていて単独で動けるユニットが無難。左側は左側で開始直後から猛攻に晒されるため、守備の低いユニットが狙われないように注意する必要アリ。
 敵の中で特に注意したいのがファルコンナイトやペガサスナイト。地形に関係なく最短距離で飛んで来る&攻撃力もかなり高いため、かなりの強敵。近付いて来たら弓などで攻撃し、敵ターンまで残さないようにしたい。

 同盟軍の教団兵がマップ中ほどの目標地点に到達すると火計が発動し、敵が動揺して離脱を開始する。これと同時に勝利条件が敵全滅から敵将の撃破へ変化する。ザコ敵が一斉にマップ下端の離脱地点へ逃げ出すので、あとは適当にもたついている敵を倒して経験値を稼いでおくと良い。敵の中には倒すとアイテムを落とす者もいるので、できれば逃げられる前に仕留めておきたい。戦力に余裕がある場合は火計発動前に下側に進んでおびき出して倒してしまうのがベスト。この場合、火計発動を遅らせるために、同盟軍の教団兵を『ぶちかまし』や『引き戻し』で何度も進行方向と逆の後ろ方向へ下げて時間を稼ぐと良い。

 敵将のランドルフは誰か攻撃範囲に入った場合か最後の1人になった時点で移動を開始する。力が高いので攻撃力の威力も相応にある。敵側から殴られるとかなり痛いので、できればランドルフから攻撃されない位置で待ち伏せておき、近寄ってきた所を待ち伏せて計略などで一斉に袋叩きにしてしまいたい。敵ターンに回すと反撃が怖いので、できれば自ターンの内に仕留めてしまいたいところではある。それが無理そうならば、守備の低いユニットは攻撃に参加させず、敵ターンに回す前にランドルフの攻撃範囲外に逃がしておくようにしよう。


★MAP




戻る


《アリル籠城戦》

★勝利条件
敵将撃破

★敗北条件
 味方の全滅 → ジュディットの敗走

★攻略
 溶岩・噴火口地形が広がり、ダメージが蓄積しやすい。また、荒地地形も多いため、飛行系クラス以外は移動に大きな制限を受ける。

 6ターン目に同盟軍のジュディット隊が登場し、敗北条件にジュディットの敗走が加わる。ジュディットはそこそこの強さはあるものの集中攻撃には長くは耐えられないため、飛行系ユニットを援軍として早めに向かわせると良い。
 敵兵は守備の高いフォートレスやアーマーナイトが中心なので、物理攻撃ではダメージを与えにくい。魔法を使えるユニットの他にも、サンダーソード等の魔法武器をなるべく多くのユニットに持たせておくと、敵の撃破が楽になる。

 敵将グェンダルは守備が非常に高いため、物理攻撃はなかなか通用しない。一方、魔防はかなり低いため、素直に魔法が得意なユニットで一気に畳み掛けた方が楽に撃破できるハズ。周囲のパラディンも同時に突っ込んで来るとかなりキツイため、まずは守備の高いユニットで受け止めてから攻撃に転じよう。



★MAP




戻る


《ミルディン大橋の戦い》

★勝利条件
 全敵将の撃破

★敗北条件
 味方全滅

★攻略
 初期配置の時点では敵は少なめだが、自軍が進軍する毎に増援で現れる敵は多いので、後ろの方に弱い味方を適当に配置させていたりすると敵増援に襲われて。油断せずユニットをしっかり配置しよう。
 下記マップの増援1・2は交互で延々と登場するが、出現する付近の敵(ソシアルナイト・アーマーナイト・ブリガンド)を一掃すると出現が停止する。

 その後も前に進む度に前から後ろから敵が出現するので、弱い味方はしっかり守りつつ戦いたい。

 敵将は初期配置の時点ではドラゴンマスターのラディスラヴァ、パラディンの帝国将の2名。そこから更に増援でウォーロックのアケロンとパラディンのローレンツが登場する。いずれもその場に留まらず、誰か攻撃範囲に入ると積極的に進んで来るタイプなので、守備が高いユニットで待ち伏せした後、集中攻撃でそのターンの内に倒してしまいたい。魔法装備のアケロン以外は間接攻撃の手段を持たないので、弓や魔法での攻撃が効果的。移動力が低いので、出現直後に機動力の高いユニットで一気に接近して仕留めてしまうと良い。
 なお敵将の内、ローレンツは前半で仲間に引き入れておらず、この段階でスカウト条件を満たしていれば、撃破後にスカウトできる




★MAP




戻る


(以下、ちびちび執筆中)


縮緬遊戯堂 > ファイアーエムブレム攻略 > 風花雪月 > 攻略(銀雪の章)